オススメサイト更新情報
スポンサードリンク

2011年11月13日

前田遼一 プレー&ゴール集 動画

前田遼一のプレー&ゴールを集めたサッカー動画!

日本出身、ジュビロ磐田所属のFW。
ポストプレイや、ヘディング、スペースへの飛び出し、ドリブル等を高い水準で兼備し、どんなプレーからでもゴールの狙えるバランスの取れた選手。また、周囲を生かすプレーや、FWながら守備までこなす献身的なプレーも持ち味の一つです。

2009年、日本人としては2002年の高原から以来7年ぶりで前田が得点王に。さらに2010年も得点王を獲得して、Jリーグ初の2年連続得点王を獲得。Jリーグの得点王は「外国人のもの」という概念を打ち破った選手でもあります。

前田遼一 プレー&ゴール集 動画を見る
posted by とっつぁん at 20:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月08日

C・ロナウド プレー&テクニック集in2008 動画

C・ロナウドの2008年のプレー&テクニックを集めたサッカー動画!

サイドから高速ドリブルで進入するプレーや、DFのタックルをかわすボールコントロール、DFを引き付けてのスルーパス等がおさめられています。

ヨーロッパ・ゴールデンシュー(ヨーロッパ各国のリーグのゴールを数値化し、最も高い数字を残した選手を表彰する賞)の授賞式が行われ、2010−2011シーズンは、リーガ・エスパニョーラで40ゴールを挙げたクリスティアーノ・ロナウドが受賞。レアル・マドリードのディ・ステファノ名誉会長は「彼は怪物クラスのプレーヤーだよ。素晴らしいプレーを披露しているし、今後も長きに渡って、今のようなパフォーマンスを見せてくれることを期待しているよ」と、2007−2008シーズン以来、2度目の獲得となったC・ロナウドに称賛の声が送られました。(サッカーキング)

C・ロナウド プレー&テクニック集in2008 動画を見る

2011年11月07日

ロベルト・バッジョ サッカーと歩んだ軌跡 動画

ロベルト・バッジョのサッカーと歩んだ軌跡をおさめたサッカー動画!

急激にカーブしたFK(フリーキック)でのゴールや、ドリブルでDF陣を突破しキーパーをもかわしてのゴール、軽やかなステップでDFの逆をつくドリブル突破等がおさめられています。

イタリアのレジェンドであるロベルト・バッジョは、来季にセリエAで監督を務めることもあるかもしれません。引退後も、イタリアサッカー協会の技術委員長に就任するなど、力を注いできたバッジョは、UEFAのプロライセンス取得が間近に迫っているようで、ライセンス取得試験への申し込みをする模様。この試験に合格すれば、セリエAで監督を務めることが可能となり、物事がうまく進めば早々にセリエBで指揮を執ったり、セリエAでアシスタントコーチを務めることがあるかもしれません。(goal.com)

ロベルト・バッジョ サッカーと歩んだ軌跡 動画を見る
posted by とっつぁん at 20:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 引退選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月04日

マリオ・ゲッツェ 足技テクニック集 動画

マリオ・ゲッツェの足技テクニックを集めたサッカー動画!

ドイツ出身、ボルシア・ドルトムント所属のMF。
まだ19歳ながら、落ち着いたボールさばきでパスワークの中心なったり、サイドでは得意のドリブルを織り交ぜた積極的な飛び出しを見せ、トップ下では絶妙なスルーパスでチャンスを作る等、ポジションを問わない万能性が高く評価されています。

各年代のドイツ代表でも活躍し、18歳にしてA代表デビュー。昨シーズンは6ゴール15アシストを記録し、記録が残っている2004-05シーズン以降のブンデスリーガにおいて、18歳の選手として最高の記録を残しています。

マリオ・ゲッツェ 足技テクニック集 動画を見る
posted by とっつぁん at 18:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブンデスリーガ(ドイツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月02日

ガレス・ベイル Top3フリーキック集 動画

ガレス・ベイルのTop3フリーキックを集めたサッカー動画!

頭や肩でボールをコントロールしたリフティングや、踊っているかのようなドリブル、急激なカーブをかけたFK(フリーキック)でのゴール等がおさめられています。

30日に行われたトッテナムvsQPR戦は3-1でトッテナムが勝ちました。この日レノンとのパスワークから2ゴールを決めたベイル。相手チームの監督も「(トッテナムの)3点目が決まったとき、拍手している自分に気づいたよ。ベイルのゴールは、それほど素晴らしかった。彼がイングランド人でないことは残念だね」とベイルの存在感に驚いたようです。(goal.com)

ガレス・ベイル Top3フリーキック集 動画を見る
人気記事ランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。